iPhoneを快適かつきれいな状態をキープしながら利用し続けるには、画面保護用のシールを貼りつけるのが一番簡単な方法です。

値段も高くはないのでグッズの中でも使いやすいものの一つです。しかし、画面保護用のシールを貼るのは少し難しいものでもあります。シールを貼る時に小さな気泡が残ってしまったり、画面から少しずれてしまったりなど、意外にもきれいに貼りつけにくいのです。

しかし、運任せで貼るのではなくちょっとしたコツを使えばきれいに貼りつけることが可能です。まずは、iPhoneの画面をアルコールをしみこませた綿や、クリーナー専用の布でふき取ります。クリーナー専用の布は、眼鏡用のクリーナーなどでも充分代用できます。

iPhone画面に小さなほこりがある場合はそのままシールを着けてしまうとほこりもついたままになってしまうので、保護シールを購入した時についている付属のほこり除去シールや、付属していない場合はセロテープや手持ちのシールなどでほこりを取りましょう。シールを貼る前の下準備はこれで完璧です。

いざシールを貼る時になったら、シールの粘着剤が使用されている部分に直接手を触れないようにして、シールのサイドを指で持ちながらホームボタンの場所に合わせて慎重に置きます。シールを画面にうまく配置することが出来たら、指で中央の部分をほんの少しだけ押してあげるときれいに密着するので、やっかいな気泡も発生しなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です