多くの人が乗り換えを進めている「格安スマホ」とは、その名が示す通り通信費を安くおさえながら使えるスマホのことです。

一般的な大手携帯電話会社のスマホを使っている人が、低料金の格安スマホに買い換えた場合では、月額料金が半額からケースによっては3分の1程度にまでに減らせる可能性もあります。

圧倒的な費用の安さによって格安スマホの競争が激しくなっており、音声通話とデータ通信の両方が使えるプランを選んでも2、000円以下で提供されている例も見られるようになりました。

なぜそこまで安くサービスを提供できるのかというと、格安スマホは大手通信会社のネットワークを借りて運営しているためです。自前での巨大な設備投資が必要ないということで、利用者に安さという形で還元されているのです。

格安スマホは格安SIMとセットで販売されており、その格安SINを取り扱う業者を仮想移動体通信事業者といいます。通信設備を自前で持たないということのほか、ショップの展開や広告などを大々的に行わないということも経費節減効果が大きいものとなっています。

もちろん対応エリアは大手通信会社のものと基本的に同じで、通信のスピードも同様です。その点において心配している方は問題ないといえるでしょう。現在利用中の電話番号を変えずに乗り換えられるシステムのMNPが利用できますので、思いって機種変更の際に乗り換えるというのも一つの選択肢であるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です