大手キャリアでは海外でもスマートフォンを使えるように、海外ローミングというサービスがあります。

海外ローミングは現在使っている電話番号や通信を国外で利用できるサービスです。大手キャリアでは海外にも提携電話会社の通信ネットワークがあり、現地でも日本のスマートフォンがそのまま使えるようになっています。

しかし海外ローミングでデータ通信を行うと割高な料金となるので、コストパフォーマンスが良いとは言えません。MVNOの海外での利用については、通話以外は基本的にはできません。

データ通信ができないMVNOを海外で使うには、現地の通信会社のSIMを利用することになります。MVNOではSIMフリーというスマートフォンを使っていますが、これはどのキャリアの通信でも可能な端末のことです。

日本国内だけではなく、海外においてもSIMフリーは通用します。つまり現地の通信会社のSIMカードを購入し、SIMフリーのスマートフォンに挿入すれば使えるわけです。

海外のSIMカードは国やキャリアによって売られている場所が違いますが、多くの場合は空港に行けばキャリアのカウンターで購入できます。プリペイド式SIMカードなら無駄なく使えるのでお得です。

最近ではインターネットから日本語で予約もできるので便利です。現地で海外のSIMカードを入れて利用する際は、SIMカードを入れ替えなくても良いデュアルSIM対応の端末が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です