格安スマホは大手キャリアの通信インフラを借りる形でデータ通信や音声通話のサービスを販売しているMVNOのサービスのことを指します。

実態としては大手キャリアが取り揃えている機種よりも安い値段で買うことができるスマートフォンに格安SIMという月々の利用料金が安く抑えられているMVNOの格安SIMを取り付けたものです。

端末の値段そのものがリーズナブルである上に月々の利用料金が大手キャリアと比べると大幅に安く抑えられているというのが魅力になります。そして端末とSIMカードをそれぞれ別に用意しておく必要がないのであまり通信サービスについての知識を持っていない人でも大手キャリアと同じ様に割合簡単に契約することができることも人気がある理由です。

更に利用することが可能な通信インフラはほとんど大手キャリアと変わらないので環境の点でもある程度の品質が確保されていることになります。ちなみに格安スマホで使われている端末はSIMフリーという機種とそれぞれのMVNOのオリジナルの機種の2種類です。

とはいっても格安スマホとして使われている端末には大手キャリアが使っている機種に相当するハイエンドクラスの機種が含まれていることがあるので注意する必要があります。

格安スマホと大手キャリアが用意するスマートフォンでは月額の利用料金が倍ぐらいになります。大手キャリアの利用料金は端末の料金を含めた場合月額でおよそ7千円ぐらいかかることが多いですが格安スマホであれば端末の料金を含めても月額3千円ぐらいまでにすることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です