格安スマホにはランニングコストが安いというメリットがあります。

大手キャリアが提供するスマートフォンは端末の分割料金を含むと月々に1万円に近い利用料金を支払う必要がある場合も少なくありません。そのため通信スピードが安定していることやスマートフォンとしての高い性能を特に望んでいない場合だと格安スマホは選択肢の1つとして充分にあり得ることになります。

とはいっても近頃は格安スマホとして提供されている端末の機能も高まっていて中には大手キャリアが端末として使っているハイエンドモデルに勝るとも劣らない性能の端末を使える場合もあるためランニングコストを安く抑えながら高性能な端末を利用することができるというのもメリットの1つです。

格安スマホは基本的にはデータ通信のサービスを提供するものになります。そこにSMSや通話機能などをオプションサービスとして追加するという形です。

自分の希望する使い道によって適している料金プランを選ぶことが可能なのであまり利用しない機能に余計な費用を払う必要がないというのがメリットとなります。中でも毎月の高速通信ができるデータ量については500メガバイトや1ギガバイトなど細かく設定することが可能です。

大手キャリアのスマートフォンは一般的に契約期間が2年間で設定されています。この場合は契約期間中に解約すると少なくともおよそ1万円ぐらいの違約金がかかる仕組みです。このことによって契約期間中は乗り換えが困難となります。

その一方で格安スマホには最低利用期間が決められていて最低利用期間を経過していれば解約しても違約金はかからないというメリットがある訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です