MVNOは通信会社が所有する通信回線を借用して他の会社が通信事業を行うことを指しますが、その普及により単に料金面だけでなくサービスの面でも大きな変革が起きており、利用者にとっては様々なサービスを利用できる機械の疲労があるものとして非常に注目されています。

これまで携帯電話のような通信サービスは回線を所有している通信事業者でなければサービスを提供することが難しい環境にありました。そのため料金面では通信事業者の独占状態が続き、サービス内容も少ない通信事業者の間での競争にとどまっていたため、充実したサービスが提供されないと言う実態がありました。

しかし規制緩和によりMVNOが認められるようになったことから様々な発想を持った新たな事業者が次々と業界に参入し、その競争が非常に激しくなっています。

当初は通信事業者の料金に対して費用を安く設定できるために料金の競争が非常に激しくなっていたのですが、最近では料金だけでなく様々なサービスの差別化を行い独自の利用者を獲得しようとする事業者も非常に増えています。

MVNOは回線は通信事業者のものを利用しますがサービスの提供については事業行う会社が自由に決められるものです。そのため回線の利用方法を考えながら様々なサービスを展開するところが増えています。

特に音楽や動画といったコンテンツを突破しその情報だけを提供するサービスを行う企業も増えており、借用している事業者の回線の有効に使いながら新中価値を提供し成功している事業者も少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です