毎月かかるスマホの利用料金が高額で、そろそろ格安スマホへの乗り換えを検討している人も少なくないものです。

日本国内においてはNTTドコモとau、そしてソフトバンクという大手キャリア3社の寡占市場で競争原理が働きにくいものであり、料金プランはほぼ横並びです。

第4の通信事業者として楽天の参入が報道されておりこれからどのような変化を見せるのか注目をされるところですが、現状においてはやはり圧倒的な安さを武器とする格安スマホにメリットが大きいものと判断できます。

大手の携帯キャリアに比べて月額料金が安いことやスマホとSIMがセットで販売されるようになったことによって、それモバイルに明るくない人にとっても利用しやすくなった格安スマホですが、利用できる端末の性能などに物足りなさを感じているという人もいました。

しかし現在においては大手キャリアに匹敵する高性能な製品が多く用意されているために、インターネットで動画やゲームを楽しみたいというニーズにもしっかりと対応しています。

格安スマホのもうひとつのメリットとして、通話を利用しないのであればデータ通信のみというプランが利用できるなどの、自分の利用方法にあった契約方法が可能という点も挙げられます。

もちろん通話を希望するのであれば通話付きSIMを契約することもできます。どのような使い方をするのかを考えて、安く済ますことのできるプランを契約することによって、現在の利用料金の半分以下にすることも可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です